プロフィール

Kumara(くまら)は、箏弾きコトと尺八吹きシャクの二人組です。
 現代曲、古典曲、オリジナル曲、アレンジ曲の演奏や、種々の伴奏などもしています。
 長谷検校記念くまもと全国邦楽コンクールで入賞しました。
 東京国際映画祭、ニッポンコネクション(ドイツで開催の日本映画祭)に出演しました。

くまら コト: 箏弾き

9歳の時に「ピアノが習いたい」と母に頼むも、気がついたらお琴教室に入会。
疑問に感じつつも、おやつに出されるお饅頭に釣られて習い続ける。
その後、ひょんな事から現代邦楽作曲家で演奏家の水野利彦氏に師事。突然のやる気を見せ、受験したNHK邦楽技能者育成会にまさかの合格、無事に卒業。
卒業後は現代邦楽を中心に北海道から九州まで、演奏会,イベント,ライブ等、 幅広く演奏活動を行っている。
最近では、朗読劇や声明、ポップスなど他ジャンルとのコラボなど活動の場を広げている。
ゆるキャラをこよなく愛し、かものはしのいこちゃんコレクター。
長野県若手芸術家支援事業「next」登録アーティスト
実は保育士と幼稚園教諭免許を持ち、食育への関心が高じて、野菜コーディネーターと薬膳マイスター資格も取得。


くまら シャク: 尺八吹き

尺八を古屋輝夫師(国際尺八研修館主任講師)に師事。
西園流本曲を故小原西園師(西園流5世宗家)、津軽根笹派錦風流本曲を須藤脩鵬師(青森県技芸)に師事。
NHK邦楽技能者育成会卒業。
虚無僧伝来の尺八古典本曲の探求と、その道を通じ山の木々を渡る風のような音楽を目指している
という個人のライフワークとは別に、ポップスユニットのライブやオリジナルアルバムへの参加、フラメンコギターとのデュオ、邦楽系のイベントやライブなどでも活動中。和風な編曲や作曲もしている。
中学の頃から天体望遠鏡を担いで山に行き、星野写真を撮ったり観望したりしていたが、皆既日食撮影の海外遠征で豪雨に見舞われてから天候に祟られ続け、すっかりご無沙汰に。長野に転居したものの山歩きもご無沙汰のまま。
日本酒が好きで、利酒師の資格まで取ったが、蔵巡りも晩酌も目下自粛中。